製品紹介 ベンタナ XTシステム ディスカバリー

ベンタナ XTシステム ディスカバリー

ベンタナ XTシステム ベンチマーク

in situ Hybridization(ISH)完全自動化を実現します。
免疫染色やTUNEL法も自動処理します。

「ベンタナ XTシステム ディスカバリー」は、ISHをランダムアクセスで処理できる全自動システムで、研究用として開発されました。脱パラフィン、熱処理などの前処理からプローブ添加、変性、ハイブリダイゼーション、洗浄、発色、核染色までの一連の工程をランダムアクセスで自動処理。また反応温度を個別に設定でき、異なる条件を同時に処理できるので、非常に手間と時間のかかる条件検索も一度の処理で行えます。

FISHはもちろん、煩雑なTUNEL法や免疫染色も自動化、DNAchipのハイブリダイゼーションにも応用が可能です。

非常に簡単な操作性と優れた染色性・再現性には定評があり、検査・研究の標準化と効率化を実現します。

また、ISHをより簡単に、より早く、より高感度に、そして、より確実に行えるよう、最適化されたアプリケーション「リボマップシステム」も用意しております。

特長

DNA、mRNAの検出に!FISHに!DNA chipのHybridizationに!免疫染色やTUNEL法に!

特長 -イメージ

フレキシブルなプロトコール

研究目的に合わせたフレキシビリティを持たせ、最大1,000種のプロトコールを設定、保存できます。DNA、RNA、PNA等の各種プローブが使用可能で、FISHにも対応可能です。また、免疫染色やTUNEL法にも応用でき、さらにはDNAchipのハイブリダイゼーションにも応用が可能です。

個別に反応温度も変えられるので、30種類の違う反応条件を一度に処理することができ、条件検索も簡単です。
注) 一部同時に処理できない組み合わせもあります。

精密な温度コントロール

スライドは個別に温度コントロールが可能です。
37℃~100℃の範囲で個別にコントロールが可能です。
脱パラフィンや熱処理の指示もスライドごとに設定が可能です。

モジュール式

1台のシステムコンピュータから最大8台まで処理モジュールの連結が可能です。
各施設に応じて段階的に導入が可能です。
各モジュールは個別にコントロールできるので、処理中でも他スライドの処理を開始することが可能です。
別売りの特殊染色モジュールを連結させることで、特殊染色の異なる染色法もランダムアクセスで同時処理できます。

バーコード管理&簡単操作

バーコード管理&簡単操作-イメージ1

試薬とスライドをバーコードで自動識別、管理するので、セット位置の入力も不要です。 すぐにスタートでき、操作は簡単です。 また、試薬の有効期限、ロット番号、残量なども把握でき、品質管理も容易に行うことができます。
操作はスライドにバーコードを貼付するだけです。 あらかじめバーコードが貼付された試薬とスライドをセットし、「RUN」キーを押すだけで処理がスタートします。

バーコード管理&簡単操作-イメージ2

今までかかっていた膨大な手間はまったく不要です。

自動処理範囲

脱パラフィン、酵素処理や熱処理などの前処理からプローブ添加、変性、ハイブリダイゼーション、洗浄、発色、対比染色までの一連の工程をランダムアクセスで自動処理します。
脱パラフィン、酵素処理や熱処理などの前処理から抗体添加、発色、対比染色までDNAChip:前処理からハイブリダイゼーション、洗浄までの一連の工程をランダムアクセスで自動処理します。 

優れた処理能力

1モジュール当たり

ISH 30スライド/ 最短約4時間
FISH 30スライド/ 最短約3.5時間
Chip 30スライド/ 最短約4時間
IHC 30スライド/ 最短約90分
FIHC 30スライド/ 最短約20分

テクノロジー

検査・研究の標準化と効率化を追求するベンタナ・テクノロジー

ベンタナ独自の様々なテクノロジーは、現代のダ・ヴィンチとも評されるアリゾナ大学の病理学者Dr.Groganのアイデアと高い技術と経験を持つスタッフによって開発、実用化されました。

エア・ミキサー

エア・ミキサー

正確にコントロールされたエア噴射により、試薬を確実かつ均一に撹拌し、反応性を高めます。それによって染色ムラをなくすだけでなく、反応時間を短縮することができます。

液体カバースリップ

液体カバースリップ

組織と反応液をオイル状のカバースリップによってカバーすることにより、蒸発を防ぐとともに、スライド表面の反応温度を安定に保ちます。

スライドヒーター

スライドヒーター

各スライドごとに違った温度にコントロールでき、37℃~100℃の範囲でコントロールが可能です。 機械の内部の温度を上げるのではなく、スライドを直接加熱するため、スムーズに温度上昇、冷却が行われ、他のスライドにも影響がありません。
スライドごとに脱パラフィンや熱処理の指示も可能です。 また、正確に温度コントロールされているかをモニターして管理しています。

ジェット・スライド・ウォッシャー

ジェット・スライド・ウォッシャー

切片が剥がれないようにやさしく、かつ効率良く洗浄し、不要な未反応試薬を除去することによって、バックグランド染色を低減します。

バーコード管理の試薬

バーコード管理の試薬

試薬は、バーコードによって試薬の種類やロット、有効期限、残量などを自動的に管理します。

仕様

XT-ディスカバリー仕様

項目 詳細
寸法(W×D×H) ディスカバリーXTモジュール 88.9cm×66.0cm× 153.0cm
設置スペース 109.3cm×81.2cm×191.1cm+ コントロールシステム(PCラック)
重量 ディスカバリーXTモジュール 175Kg
一括処理枚数 数 1モジュール当たり 最大30スライド
試薬設置数 1モジュール当たり 最大35種類
接続モジュール数 1システム当たり 最大8モジュール
バッファータンク数 7種類 8タンク EZ Prep, LCS, RiboWash, Reaction, CC1, RiboCC, Option, 補助タンク(EZ Prep, RiboWash, Reaction)
バッファータンク容量 1モジュール当たり 6L×6個、3L×2個(CC1, RiboCC)
温度コントロール スライド表面 37℃~100℃(ヒーターOFF可)
処理能力 1モジュール当たり
ISH 30スライド/最短 約4時間
FISH 30スライド/最短 約3.5時間
Chip 30スライド/最短 約4時間
IHC&TUNEL 30スライド/最短 約90分
FIHC 30スライド/最短 約20分
処理能力
ISH 脱パラフィン、酵素処理や熱処理などの前処理からプロープ添加、変性、ハイブリダイゼーション、洗浄、発色、対比染色まで
IHC 脱パラフィン、抗原賦活化(熱処理)や酵素処理などの前処理から抗体添加、発色、対比染色まで
DNAChip 前処理からハイブリダイゼーション、洗浄まで
操作サイクル ランダムアクセス
定格電源 ディスカバリーXTモジュール AC100~120V、6A、50/60Hz
コントロールシステム AC100~120V、14A、50/60Hz
設置環境 室温20~32℃、湿度10~90%、水平な床面、日光や空調機の風が直接当たらない場所

一般医療機器/特定保守管理医療機器 医療機器製造販売届出番号:13B1X00201000042

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社