製品紹介 ベンタナ HE 600

ベンタナ HE 600

ベンタナ HE 600

ベンタナ HE 600は、Individual Slide Staining方式により、スライド毎に常に新しい試薬で染色を行う全自動H&E染色システムです。ベーキングから脱パラフィン・染色・封入・乾燥までを全自動で行います。

最も使用頻度の高いH&E染色に新しい技術を取り込むことで、検査室のWorkflow(作業効率の向上)、Quality(染色性の安定化)、Safety(患者さん、検査技師の皆様のリスク低減)を貢献します。

overview

Individual Slide StainingによるH&E染色

Individual Slide Stainingでは、トレーに並べたスライドガラス毎に試薬を少量ずつ滴下し、染色を行います。この方式により、安定した染色性で、コンタミネーションのない染色を同時に達成しました。


overview 1

スライドガラスを並べて設置

Individual Slide Staining方式では、試薬を滴下しますので、スライドガラスを横置きに並べて設置します。

概要2

スライドガラス毎の染色

染色は、ベンタナHE 600に3個備えられている染色モジュールで行われます。それぞれの染色モジュールは、4個のマニフォールド(試薬分注装置)が備えられており、200枚/時間(ベーキング~封入)の染色を可能としています。マニフォールドからは、洗浄液・脱パラフィン液・染色液・分別液などH&E染色に必要な試薬がスライド毎、染色毎に滴下されます。

概要3

スライドガラス毎の吸引

マニフォールドは、使用後の試薬をスライドガラスから取り除く為に、新開発のエアナイフにより、エアーを吹きつけ試薬を集めながらバキュームにより吸引します。この機構により、飛び散りを抑えながら大部分の試薬を取り除きます。

workflow(作業効率の向上)

わずかなタッチポイントでのH&E染色


ベンタナHE 600は、タッチポイント(操作するために機械に触れるポイント)を出来るだけ少なくするよう開発されました。スライドガラスを並べたスライドトレーを挿入すると自動的に染色が開始され、ベーキング・脱パラフィン・ H&E染色・脱水・封入・乾燥が全自動で行われます。工程終了後は、トレーを機器から取り出すだけです。 プロトコールは、トレー挿入後に選択可能で、未選択の場合は、設定した標準プロトコールによる染色が自動的に開始されます。


スムーズでストレスのないスライドトレーの挿入・受取

スムーズでストレスのないスライドトレーの挿入・受取

トレーポータルに3か所のスライドトレー挿入・受取口、機器内にも10か所のスライドトレーラックを備えており、連続してスライドトレーを挿入することができます。

タッチスクリーンとアイコンによる操作

タッチスクリーンとアイコンによる操作

21.5インチのタッチスクリーンは、直感的に認識できるようにアイコンをメインに構成されています。染色がどこまで進んでいるのか、いつ終わるのか、試薬の残量はどれくらいなのか、といった情報をすぐに知ることができます。

簡単な試薬交換

簡単な試薬交換

試薬の交換は、わずか3ステップで完了します: 空の試薬ボトルを機器から取り出し、空ボトルからを新しい試薬ボトルにハットを付け替え、新しいボトルを機器に収納するだけです。 ベンタナ HE 600は、リザーバーを備えていますので、染色途中でも試薬ボトルを交換可能です。

繊細かつスムーズな封入

繊細かつスムーズな封入

新開発の封入モジュールにより、出来る限り泡の混入を抑え、すべてのスライドガラスを均一にきれいに封入します。 免疫染色などで染色された標本を封入することもできます。
*順次対応予定

quality(染色の安定化)

幅広い染色への対応力と安定性


ベンタナ HE 600は、420通りのプロトコールが設定可能で、非常に幅広い染色性でH&E染色を行うことができます。核をもう少し青くしたい、組織の層をもう少し明確にわかるようにしたい、ムチンを脱色したいといった要望にお応えします。また、染色における不安定要素を減らし、再現性の高い染色結果を得ることが出来ます。


420通りのプロトコール

420通りのプロトコール

420通りのH&E染色プロトコールを設定できますので、多様な染色性の要望に応えることができます。臓器タイプ別にプロトコールを分けて染色することも可能です。

常に新鮮な試薬による染色

常に新鮮な試薬による染色

HE 600は、Individual Slide Staining方式により、すべての標本を新鮮な試薬で染色しますので、試薬の劣化の影響を受けず、一定の染色性で染色を行います。

水道水を使用しない染色方法

水道水を使用しない染色方法

HE 600は、H&E染色の工程で水道水を使用しませんので、水質変化の影響を受けません。

一定の温度での染色

一定の温度での染色

HE 600は、染色モジュールにヒーターを備え、一定の温度で染色します。そのため、気温変化による染色性への影響を軽減します。

safety(患者さん、検査技師の皆様のリスク低減)

有害物質・ヒューマンエラー・コンタミネーションの回避に向けて

健康、環境への配慮

健康、環境への配慮

ベンタナ HE 600用で使用される試薬は、キシレン、エタノールを含みません。 H&E染色は染色枚数が多いため、検査室での有害物質の使用量削減が期待できます。また、ラボの皆様が有害物質に曝されるリスクや、廃棄にかかるコストを削減することもできます。

品質を確認し、期限の管理された試薬による染色

ベンタナ HE 600では、品質管理された専用試薬のみを使用できます。試薬の有効期限、ロット番号はシステムが自動で管理しますので、染色性が担保された試薬で染色が実施されます。

コンタミレスの染色方法

コンタミレスの染色方法

HE 600では、Individual Slide Staining方式により、標本毎に染色を実行し、H&E染色中の標本間コンタミネーションのリスクを回避しています。

movies

Dip & Dunk: 現在主流の方式


Individual Slide Staining: HE 600で採用されている方式

仕様

項目 詳細
方式
    下記機能を備えた自動H&E染色装置
  • Individual Slide Stainig方式による染色
  • バーコードによるトラッキング
  • ベーキング
  • 脱パラフィン
  • 染色
  • 脱水
  • 封入
  • 乾燥
装置寸法 幅 145 cm × 高さ 202 cm × 奥行 70 cm
最大重量 680kg
消費電力/電源 AC230V±10%、50/60 Hz、30A
設置環境 15℃~32℃、湿度:10%~80%
標高 海抜 1828 mまで
給水 不要
排水 排水管に直結排水可能、
または、内蔵ボトルに貯蔵可能(オプション)
​内蔵ボトルの場合、9.2L保存可能 (4.6L×2)
補助ボトル 1.5L
外部換気 取り付け推奨
騒音 最大:65dB
処理能力 200 スライド/時間(通常のプロトコールの場合)
最初のトレー染色終了まで 約40分(通常のプロトコールの場合)
トレー収容数 10トレー
スライド収容数/トレー 20 スライド
トレー挿入口 3
使用できるスライドサイズ 25 mm × 75 mm or 26 mm × 75 mm (トレイによる)
装置内温度 ベーキングモジュール 72℃ ± 3℃
染色モジュール 40℃± 3℃

乾燥モジュール 92℃± 3℃

バーコード 1D and 2Dバーコード
プロトコール 420通り設定可能
 ヘマトキシリン : 1~10レベル
 エオジン : 1~10レベル
 分別 : 0~3レベル(H1選択時 0~5レベル)
アラーム エラー時アラーム音により知らせる
スタット割り込み機能 あり
リモートサポート 可 CareGiverによる
モニター 21.5インチモニター 幅48 cm × 高さ 27cm タッチスクリーン
毎日のメンテナンス 24時間に1回の自動洗浄
定期メンテナンス 弊社エンジニアによる年二回の定期点検と 定期交換部品の交換が必要
環境 キシレンフリー
エタノールフリー
試薬ボトルはリサイクル用プラスチックとして廃棄可能
使用試薬少量

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社