病理検査事業について H&E染色、免疫染色、in situ Hybridization 特殊染色など、病理検査の全自動染色システムや試薬を扱っています。

病理学的検査事業とは

病理検査事業とは - イメージ

病理学的検査(TD:Tissue Diagnostics)事業は、癌の研究・診断・治療の各分野において必須である病理学的検査に特化しており、ロシュグループであるベンタナ・メディカル・システムズ社の製品を主に取り扱っています。

煩雑で熟練を要す免疫染色やin situ Hybridization、特殊染色の全自動システムと関連試薬・アプリケーションやH&E染色の期待をはるかに超える画期的な全自動システム「ベンタナ HE 600」など、再現性が良く信頼性の高い染色を全自動で、しかも短時間で処理することができ、業務の効率化と標準化を大幅に改善します。

ベンタナ社について

ベンタナ社について - イメージ

2008年、ベンタナ・メディカル・システムズ社(以下、ベンタナ社)はロシュグループとなり、ベンタナ社の日本法人であるベンタナ・ジャパン株式会社は、2009年1月、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社の新しい事業「病理学的検査(TD)事業」として活動を開始しました。

ベンタナ社は、癌の研究・診断・治療の各分野において必須である病理学的検査に特化した企業であり、1987年、米国アリゾナ州ツーソンに設立され、1996年にナスダックに店頭公開されました。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社