革新的なテクノロジーで
病理学・基礎研究の「窓」を開く Tissue Diagnostics

ロシュ・ダイアグノスティックスは、体外診断薬・機器事業において、4つの領域でサポート・サービスをご提供します。

H&E全自動システム H&E Systems

H&E全自動システムの詳細へ

H&E染色を、切片貼付・伸展後の乾燥から、脱パラフィン、染色、封入、乾燥までを高い処理能力で全自動処理する装置で、ワークフローを改善します。

臨床用システム Clinical Instruments

臨床用システムの詳細へ

免疫染色やin situ Hybridization、特殊染色などを自動処理します。非常に簡単な操作性と優れた染色性・再現性には定評があり、病理学的検査の標準化と効率化、報告までのサイクルタイムの短縮を実現します。

研究用システム Research Instruments)

研究用システムの詳細へ

in situ Hybridizationや免疫染色、特殊染色などを自動処理します。FISHはもちろんTUNEL法や免疫染色を自動化、DNAチップなどのハイブリダイゼーションにも応用可能です。

液状化検体細胞診

液状化検体細胞診の詳細へ

CellPrep(セルプレップ)シリーズは、婦人科、呼吸器、泌尿器などあらゆる細胞診検査のための液状化検体細胞診(LBC)システムです。

体外診断薬・機器事業(IVD)サイトへ


ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

〒105-0014 東京都港区芝2-6-1